早期の全線開通を ~令和6年度 東海環状自動車道西回りルート建設促進大会・建設事業説明会を開催~

2024年7月5日

 7月4日(木)、岐阜県庁ミナモホールにおいて、「東海環状自動車道西濃地域建設促進期成協議会(会長:田口 義隆当所会頭)」をはじめ4団体が主催する、東海環状自動車道西回りルート建設促進大会が開催され、岐阜県議会議員、沿線自治体の首長や議長、商工会議所会頭ら関係者およそ100人が出席しました。

 4団体の代表からは、「東海環状自動車道は、全線開通することで企業立地の促進や雇用の拡大など、計り知れない経済効果が期待できる。」、「自然災害が多発し、当地域は大規模災害が想定されるため、防災の面からも1日も早い全線開通を切望している。」、「今後も関係団体と連携し、全線開通に向けた要望活動に積極的に取り組んでいきたい」とそれぞれあいさつされました。

 また、「東海環状自動車道建設促進岐阜県西部協議会」副会長の石田 仁大垣市長から、東海環状自動車道の早期全線開通に向けて、国、県、沿線市町、経済団体等の関係団体が密に連携し、事業の強力な推進を図っていくことなどを盛り込んだ決議文が読み上げられ、満場一致で採択されました。

        

            決議文を読み上げる石田副会長(大垣市長)

        

                 盛大に建設促進大会を開催

        

        東海環状自動車道の進捗状況について説明する松實岐阜国道事務所長

PAGE TOP
MENU