ホーム > お知らせ一覧 > 「ぎふ食べきり運動」協力店・協力企業の登録について

「ぎふ食べきり運動」協力店・協力企業の登録について

2018年11月7日

 食べられるにもかかわらず捨てられている食品廃棄物は、全国で年間約646万トンも発生しており、特に宴会などで多くの食べ残しが発生しています。このため、県では今年度から料理の食べ残しにより廃棄される食品廃棄物を削減する「ぎふ食べきり運動」を推進しています。
 県では、この運動を飲食店や企業等の皆様にご協力をいただきながら、30・10(さんまる・いちまる)運動などの取り組みを進めていきたいと考えており、「ぎふ食べきり運動」協力店・協力企業の登録制度を創設しました。


※対象や登録条件、申込方法等については、下記チラシをご覧ください。


・従業員の環境意識の向上や、お客様とのコミュニケーションが図られるなどのメリットがあります。
・県のホームページで、運動に協力いただく事業所として、紹介をさせていただきます。
・登録事業所には、登録証及び登録済ステッカーのほか、ポスター、チラシ等の啓発物品をお渡しします。




「ぎふ食べきり運動」協力店・協力企業の募集チラシ