ホーム > お知らせ一覧 > 木質燃料(株)、しぶきの湯バイオマス発電所を視察(地域振興委員会・建設部会)

木質燃料(株)、しぶきの湯バイオマス発電所を視察(地域振興委員会・建設部会)

2017年11月2日

 11月1日(水)に地域振興委員会(委員長:児玉 栄一)、建設部会(部会長:小野 義明)は、岐阜県高山市の豊富な森林を活かしたエネルギー供給及び活用を行う2つの施設を視察しました。
 木質燃料鰍ナは、間伐材、木工場からの端材や背板林地残材を活用して「木質ペレット」を製造する現場を視察しました。木質ペレットは自然エネルギー由来の熱を生み出し、通常のエネルギー価値とともに、環境価値を持っていることから、化石燃料に依存しないバイオマスエネルギーの生産と供給を拡大し、豊かな地域社会の実現を目指す循環型社会に貢献していることを学びました。
 また、しぶきの湯バイオマス発電所では、木質ペレットによる発電や熱利用を増加させる木質バイオマスによる熱供給ビジネスを進めることで、高山市内における木質バイオマスの需要拡大、地域経済の活性化、森林再生を進め、自然エネルギーに利用を市民の暮らしの豊かさにつなげる自立循環型のまちづくりに貢献していることを学びました。
 地域振興委員会、建設部会では、こうした視察を通じ、地域資源を活かした取り組みのある地域を視察し、委員会・部会事業に活かしてまいります。