ホーム > 会議所のサービス > 融資等経営相談 > 記帳継続指導

記帳継続指導

毎日の記帳の仕方から、決算・申告まで分かり易く指導します。

 大垣商工会議所が行う記帳継続指導とは、帳簿のことがよく分からない事業者の方が(税理士による記帳指導を受けている方を除く)青色申告ができるように、記帳の仕方について記帳指導員が継続して指導を行う制度です。

記帳指導の概要

指導の内容 簡易帳簿または複式簿記による記帳の仕方を、マン・ツウ・マンにより指導します。

指導の方法 当所が委嘱した記帳指導員が、毎月定期的に継続して指導します。

指導場所 大垣市情報工房4階 大垣商工会議所 相談室

指導料 無料

記帳指導を受けるために

  • 納品書・請求書・領収書など、すべての原始記録が基本となりますので、大切に保管しておいてください。
  • 家計費と事業費の区別をハッキリさせてください。
  • 決算には、棚卸が必要です。在庫品を正確に調べ記録してください。

お申込いただける方

  • 従業員が20人(商業・サービス業は5人)以下の個人
  • 税務申告は白色申告・青色申告を問いません
  • 現在、税理士等の記帳指導を受けていない方

記帳継続指導申込書(PDF:69KB)

記帳専門指導

 申告時期に合わせ、税理士による専門指導を7月は1日、1月〜3月は2日間の、年間7日間実施しています。
 決算処理の方法や、確定申告書の作成などを個別に指導します。

指導時間 午前10時〜午後4時(受付:午後3時30分まで)

指導場所 大垣市情報工房2階 会議室3