ホーム > 会議所のサービス > 共済・福利厚生 > 中小企業PL(製造物賠償責任)保険制度

中小企業PL(製造物賠償責任)保険制度

PL事故は、思いがけない時、思いがけない形でやってきます!

 貴社が製造・販売した製品や、行った仕事の結果が原因で、日本国内において他人の生命や身体を害するような人身事故や、他人の財物を壊したりするような物損事故が発生した場合に、貴社が加入期間中に損害賠償請求が提起されたことによって、法律上の損害賠償金や訴訟費用などの損害を被った場合に、保険金をお支払いいたします。

特徴

  • 商工3団体の中小企業会員向け専用商品設計による割安な保険料
  • 保険料は全額損金処理可能
  • 簡単な加入手続き
  • 保険会社からのPL関連情報の提供や事故発生時のバックアップ

過去のお支払い事例

<製造業>
被保険者が製造したオーブントースターが発火し、家屋を全焼させた。
損害額:約6,700万円
製造業 事例
<飲食業>
被保険者の飲食店が提供した食事で約200名が食中毒症状を訴えた。
調査の結果、卵に付着したサルモネラ菌が原因と判明した。
損害額:約1,400万円
飲食業 事例

PL保険制度

加入タイプ S型 A型 B型 C型
てん補限度
(保険期間中 対人対物共通)
5,000万円 1億円 2億円 3億円
自己負担額(1請求あたり):3万円


リコール費用担保特約(任意加入)

リコールへの備えは万全ですか?

 貴社が製造・販売した製品の欠陥が原因で、下記(a)〜(d)の事故が発生した場合に、貴社が被害拡大の防止を目的として当該製品のリコールを実施することによって支出する費用損害に対して、保険金をお支払いします。
 (a)死亡・後遺障害
 (b)治療に要する期間が30日以上となる傷害・疾病
 (c)一酸化炭素中毒
 (d)火災による財物の焼損

特徴

  • 平成19年5月の改正消費生活用製品安全法(※)に対応します。
  • 「食品」等、消費生活用製品安全法の対象外製品のリコールにも対応します。
  • 最終製品製造・販売業者からの求償にも対応します。


※平成19年5月に施行された改正消費生活用製品安全法により、

  1. 製品の不具合による重大製品事故(死亡事故、重傷事故、火災、一酸化炭素中毒)が発生した場合には、事故発生を知った日から10日以内に経済産業省へ報告を行うことと義務付けられています。(製造業者、輸入業者が対象)
  2. 報告受付後、事故の概要が主務大臣により公表されます。さらに重大な危害の拡大防止などの観点から、必要がある場合には、詳細な情報に加えて再発防止策などを含めて公表されます。
  3. その後、報告・立入検査を行い危害の発生、拡大を防止するため必要があると認めるときは、製品回収などの危害防止命令を、報告義務不履行に関しては体制整備命令を発動します。

リコールが発生し、社告を行った事例

※全国紙1社に社告を掲載すると数百万円程度かかるといわれています。


<ガス機器>
ガス暖房機の構造の欠陥が原因で、一酸化炭素中毒による死亡者がでた。完成品メーカーがリコールを実施し、原因となった部分の製造メーカーに対して損害を一部求償した。
ガス機器 事例
<食品>
魚介の缶詰に細菌が混入しており、食べた消費者が後遺障害を負った。製造メーカーがリコールを実施した。
食品 事例

リコール費用担保特約

中小企業PL保険制度のご加入タイプにかかわらず、本特約のご契約タイプは次の2タイプになります。

保険期間中の支払限度額 : 3,000万円、1億円(縮小てん補割合 90%)
自己負担額(免責金額) : なし

保険料

 貴社の「業種」、「前年度売上高または領収金」、お選びいただいた「加入タイプ」により保険料が算出されます。前述の3点を募集代理店又は引受保険会社にお伝えいただければ貴社の保険料を算出できます。
 本制度は、中小企業製造物責任制度対策協議会を構成する3団体(日本商工会議所・全国商工会連合会・全国中小企業団体中央会)の傘下団体の会員で、中小企業基本法に定められている中小企業者を加入対象としております。

引受保険会社(50音順)

  • あいおいニッセイ同和損害保険株式会社◇
  • 朝日火災海上保険◇
  • エース損害保険
  • 共栄火災海上保険◇
  • 現代海上火災保険◇
  • セコム損害保険◇
  • 損害保険ジャパン◇
  • 大同火災海上保険
  • 東京海上日動火災保険◇
  • 日新火災海上保険◇
  • 日本興亜損害保険◇
  • ニューインディア保険◇
  • 富士火災海上保険◇
  • 三井住友海上火災保険◇

※ ◇印の保険会社は「リコール費用担保特約」を扱っています。


→ 日本商工会議所 中小企業PL保険制度ホームページはこちら

お問合せ先

大垣商工会議所 中小企業経営指導相談所
TEL:0584-78-9111