ホーム > 部会・委員会活動 > 労働委員会 > 活動のお知らせ バックナンバー > 労働時間の適正な把握のために使用者が講ずべき措置に関するガイドラインが作成されました。

労働時間の適正な把握のために使用者が講ずべき措置に関するガイドラインが作成されました。

 平成29年1月20日、厚生労働省労働基準局は、「過労死ゼロ」緊急対策に基づき、過重労働などの問題を防止するため、「労働時間の適正な把握のために使用者が講ずべき措置に関するガイドライン」を示しました。
 具体的には、以下の内容が示されました。
  ・労働時間に該当するか否かの考え方
  ・労働時間の記録方法
  ・労働時間の自己申告制を採用している場合の運用方法

 労働時間の適正な把握に関して重要なガイドラインです。
 是非、ご確認いただきますようお願いします。

厚生労働省ホームページ
http:// www.mhlw.go.jp/ stf/ seisakunitsuite/ bunya/ koyou_roudou/ roudoukijun/ roudouzikan/ 070614-2.html