ホーム > 部会・委員会活動 > 交流産業委員会 > 活動のお知らせ バックナンバー > 全国水都ネットワークフォーラムin大垣を開催

全国水都ネットワークフォーラムin大垣を開催

 大垣商工会議所交流産業委員会は、10月17日(金)、大垣市総合福祉会館において、全国水都ネットワーク、大垣市、大垣市観光協会との共催により、「全国水都ネットワークフォーラムin大垣」を開催し、約160名が参加しました。
 全国水都ネットワークは、大垣をはじめ、水都を掲げる、東京、新潟、名古屋、近江八幡、大阪、徳島、広島、松江、柳川の10都市の地域団体が加盟する組織で、国内の水都ブランドの向上をはかるため、水辺の活用による地域の魅力創出などについての情報交換を行っています。
 今回のフォーラムでは、国土交通省水管理・国土保全局 河川環境課河川環境保全調整官の藤井政人氏をお迎えし、「水辺の未来〜日本にワクワクする水辺をつくりだす」と題した基調講演を行った他、水辺の活用によるにぎわい創出のための取組みを行っている、柳川市、大阪市、大垣市の代表者による事例発表や意見交換などを行いました。
 また、フォーラム終了後には、交流会を開催するとともに、18日(土)には、全国水都ネットワークの関係者が、「水の都おおがきたらい舟」に乗船した他、奥の細道むすびの地記念館や大垣八幡神社大垣の湧水などを見学しました。