ホーム > 部会・委員会活動 > 建設部会 > 活動のお知らせ バックナンバー > あいち臨空新エネルギー実証研究エリアを視察(地域振興委員会・建設部会)

あいち臨空新エネルギー実証研究エリアを視察(地域振興委員会・建設部会)

 9月16日(火)に地域振興委員会(委員長:児玉 栄一)主催、建設部会(部会長:小野 義明)共催による「あいち臨空新エネルギー実証研究エリア」の視察研修会を開催し、14名が参加しました。
 地域振興委員会では、地球環境保全の観点から、企業の環境・エネルギー問題に関する調査研究に取り組んでいます。また、建設部会では、「住みよい環境とまちづくりを実現し、地域の活性化を図る」を活動テーマに、各種事業に取り組んでいます。
 今回の視察研修会では、3年前の東日本大震災に伴う福島原発事故を教訓に、原子力発電に代わる新たなエネルギーが模索される中、太陽光発電・バイオマス発電・燃料電池など、様々な新エネルギーの実証研究を行っている各企業の施設を見学しました。
 今後、地域振興委員会・建設部会では、こうした視察を通し、太陽光発電や太陽熱利用、風力発電などの自然エネルギー分野や、バイオマス・廃棄物利用分野、燃料電池分野などの代替エネルギーの活用及び事業化について、引き続き検討してまいります。

企業展示スペースを視察する参加者
太陽光発電の実証研究について説明を受ける